Oliveな日々

群馬県館林市のパン教室の日々の記録。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

しゅうとれん

私も発酵所の「しゅうとれん」予約してゲットしました~。


開店早々、行ったらこれから焼くんで・・・と言われ、(時間を確認しない私が悪いのです。。。)

焼く前のしゅうとれん、見れたので私としてはラッキーだったかも。


一日に2度も発酵所にいくという貴重な体験をさせてもらいました。

2回目はほとんど、パンがなかったけどね。。。。



しゅうとれん、onedayrollさんの直売会でお見かけはしてたんだけどこの「ギュっ」とした感じ

と生地の色が気になって気になって。きっと粉糖とか使わないから、

私が知ってるシュトレンとは全く違うだろうなって。

絶対食べてみたいと思って、予約したのです。


しゅうとれん

ずっしり重いわけですよ。。。。


だって、これですから

しゅうとれん断面

ナイフを入れた瞬間、ふわ~と柚子のいい香りがしてそのあと、スパイスの香りが続いていく。

食べてみると、ギュッと詰まったフルーツ達が瑞々しくてこんなに入っているのに、全然多すぎではなくて

なんだか、感動してしまう、しゅうとれんなのでした。


こんなにフルーツが入っていて1本2000円なんて、安いと思いますよ。





なんか、私も調子に乗ってシュトレン作って勝手に各方面にお配りして申し訳ない気持ちになってしまった。

是非、お口直しにしゅうとれんを予約して買ってください(笑)。





何年か前に、超有名店やら有名シェフやら、限定品とか普通に売ってるシュトレンを買い集めて、


(恐れ多くも私のも)みんなでワイワイ好き勝手に言いたいことを言い合う、


シュトレンの会をしたことがあって、そのときたくさんのシュトレンを食べたんだけど、


そのそのタイプにも「しゅうとれん」は似てなくて、唯一無二の存在だと思う。


たぶん、その場に「しゅうとれん」あったら、その場にいた誰もが、みんな虜になっていたと思う。




私もそんなカッコイイ、記憶に残るパン、焼いてみたいな~。

日々、奮闘中なのです。


私の来年のシュトレンはきっと、進化してるはず。ガンバルゾ!




ペイザン


このペイザンも絶品なのでした。



スポンサーサイト
【 2013/12/14 (Sat) 】 パン | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する