Oliveな日々

群馬県館林市のパン教室の日々の記録。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

粒つぶマスタード

最近ハマっている本。


「続 長尾智子の料理1,2,3」 長尾智子著

食にまつわるエッセイなんですが、今はやりのブログを本にしてみました~みたいな本ではなく、


食べ物に真剣に向き合って、ちゃんと対話して毎日を丁寧に過ごしているのが


手に取るように伝わって


読み進めていくうちに、ぴんと背筋が伸びてくるそんな、読み物です。


読むたびに、あーこういう女性(お母さん)になって、夫にも子供にも、


美味しいものを食べさせてあげたいな、食でこういう体験をさせてあげたいなと


家族を思い浮かべながら、いつもページをめくります。


私、最近電車の中で読む本、これとパン語辞典だな。(これもオヌヌメ!)

(共通点はどのページから読んでも、オモシロイ!)


写真も白黒なんですが、そこがまた作ってみたいと思わせる感じなんですよねー。



そこの中にある、「昔風粒マスタード」が美味しそうだったので、さっそく私も作ることに。


粒つぶマスタード




マスタードシードと白ワインビネガーと塩とはちみつ。あと、ターメリックも忘れずに。


分量は本に載ってるから。それを見てね。(または、私に聞いてください)


それを、フープロで一気にガッーと混ぜれば出来上がりなんだけど。


私は、すり鉢でガリゴリ擂りましたよ。自分で擂った方が、粒つぶさ加減が調節できるので楽しいと思うよ。



それを煮沸した清潔な瓶にいれて、冷蔵庫で寝かします。


瓶マスタード


ベビーフードの瓶がこのマスタードにはちょうどいいサイズなのです。
(瓶、欲しい人、あげます)


最初は酸っぱ辛い味なんだけど、だんだん酸味や辛さがまろやかになってきて。


1週間ぐらいから食べれるみたいだけど、少しずつ味見しながら、


自分の好きなところから食べ始めるのもまた楽しい。



ちなみに、私は17日目から、食べ始めました。


たぶん、ビネガーの種類を変えたり、はちみつの量を変えて自分オリジナルのマスタードが作れるはず。




先日のぱん会議でぱん屋の所長がベイクドポテトを作ってきてくれて、


この粒つぶマスタードを付けて食べたかったーと思ったので、



作りました。オーブンで焼いただけポテト。


ベイクドポテト


我が家ではね、肉がないとだれも喜びませんので、


新じゃがと新たまねぎとコストコで買った、デッカイソーセージを


オーブンで適当時間焼いただけ。


キャベツを添えて


茹でたキャベツも一緒に。




んまー美味しい!!


マイルドな酸味なので、オリーブオイルと混ぜたら、マスタードドレッシングにもなるなと思っています。


白菜サラダなんかに合わせると美味そうですぞ。




ぜひ、みなさんも粒つぶマスタード作りはじめませんか。

スポンサーサイト
【 2014/02/19 (Wed) 】 いろいろ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する