Oliveな日々

群馬県館林市のパン教室の日々の記録。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

シュトレンのこと。


Facebookで繋がっている方は、ご存知だとは思いますが、

今年もシュトレンを作り始めました。


私にとって、

シュトレンはとっても思い入れが深く、食べて美味しいから好きというだけでなく、


今年はどんなシュトレンをつくろうか?


それならばどんなフルーツを使って?


生地は? 酵母は?


大まかな構想が出来たら、数種類のドライフルーツをお酒に漬け込んで。

毎年、メインのドライフルーツを変えたり、漬け込むお酒の種類を変えて。

夏の終わりから、頭の片隅で、あーでもない、こーでもない。

今年のパン焼きの集大成みたいなつもり。

夜中に「これだ!!!」って

いいこと思いついて、ノートにメモしたり、早く焼きたくて(試したくて)ウズウズしたり。


本当に毎年、シュトレンを作るのが楽しくてたまらない。


そんな、2014年のもちこシュトレンは、3種類。

1つは、いわゆる、クリスマスシュトレン。

漬け込んだフルーツとスパイスを効かせて、大人な味わいの。


2つ目は、先日このブログでもご紹介した

シュトレン(和)のタイプ。「ざまとれん」

ほうじ茶をベースにした生地に、大納言と、栗の甘露煮とくるみ。

そして、マジパンのかわりに、羊羹をドーンと入れてみました。

まわりには、本和香糖をまぶして、和風に仕上げてます。


3つめは、ずっと作ってみたいと思っていた

シュトレン(チョコ)


シュトレン(チョコ)


ココアを混ぜた生地に、3種類のチョコレート、グリュエドカカオも入ってます。

ナッツもたっぷり。クルミはもちろん、マカダミアナッツ、ピーカンナッツもたくさん。


真ん中には、何も入れないタイプも作って、食べ比べたけど、

ベリー系のドライフルーツ、何種類かを白ワインで煮たものを、生地には入れずに、

真ん中に、ギュッと入れました。

断面だよ。

写真だと全然わかんないんだけどね。(泣)

この、フルーツとチョコの相性が良くて、気に入ってます。



今回は3種類つくろーと決めていますが、

粉の配合や酵母は、変えずに副材料で変化をつけて作っています。

ちなみに、酵母はレーズン酵母で元種です。

私はシュトレンはこのレーズン酵母、元種で作るのが一番美味しいと思っているので、

たぶん、来年も、この酵母でいきます。(笑)


あとは、漬け込みフルーツをもう少し待ちたいので、次の試作は今月中旬以降。

私も、どんな風になるのか、楽しみです。




パン教室「Olive」は2015年1月より再開します。

ご予約は12月から。

ブログにて、詳細はお知らせします。

もう少し、お待ちくださいませ。





スポンサーサイト
【 2014/11/02 (Sun) 】 パン | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する