Oliveな日々

群馬県館林市のパン教室の日々の記録。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

山形に行ってきました。

えーーーっと。親バカな話で申し訳ありまんせんが。



私の娘ごとなのですが、またもや絵画コンクールに入賞したという

有難いお話をいただきました。

例のごとく、幼稚園から直接コンクールに応募しているので、親としては入賞の連絡が

あって初めて知るので、どんな絵をかいたのか、それがどのようなものなのか全くもって

わかりません。


今回は「第22回ひろすけ童話 感想文・感想画全国コンクール」というものでした。

もちろん、こんな嬉しいことはないので、ぜひとも参加したいと受賞を知らせる

プリントを読み進めていくと、表彰式はひろすけ記念館で行われるので来てくださいと。


はて?ひろすけとは何者か?そして記念館はどこにあるのか?

プリントの中の小さい地図をよ~くみると、


「山形新幹線 高畠駅」と書いてある。

まさかの、山形。そして初めて聞く駅名。

今度は、ひろすけとは何者か?

調べてみると、ひろすけとは童話作家の浜田広介さんのことであり、

代表作は「泣いた赤おに」や「りゅうの目のなみだ」「むく鳥のゆめ」などがあり、

生涯千あまりの童話を生み出したそう。

一度くらいは子供の頃読んだことのある作家だと思う。


その浜田広介さんが明治26年山形県屋代村(現・高畠町)の出身であり、

また町をあげてひろすけ童話を大切にし町の誇りとなっている。


3月に入ったとはいえ、雪がまだまだ残る高畠町。

山形新幹線を降りるとそこは、一面の銀世界。
DCIM0039.jpgガードレールよりも高い!雪
あちらこちらに鬼が。

節分の記憶が鮮明なのかあちこちにいる鬼にびびっている娘。少し笑える。


続きはまた明日。
スポンサーサイト
【 2012/03/04 (Sun) 】 いろいろ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL